ストーリー紹介
−夕暮れの教室。織枝は、一人の男子生徒と対峙していた。
男の名は「清水圭介」。大物代議士を父に持ち、その権力を傘にきてやりたい放題行っている卑劣な男だ。
そんな危険な男と、今、織枝は対峙していた。
「本当の愛を教えてあげる」
そう言って呼び出したのは、織枝のほうだった。
蔑んだ目でしか女を見られない、心の荒んだこの男に愛のなんたるかを教えてやるつもりだった。
「俺に、本当の愛を教えてくれるんだろ?」
不敵な表情を浮かべながら、圭介が織枝ににじり寄る。
「ひぁっ?」
不意に、その指が織枝の大事な部分を、強くまさぐった。
「体より心の繋がりが大切なんだろ?だったら……」
言いながら…制服の、更にそのブラの下へと指を這わせてゆく。
手馴れてはいるが酷く仕草。それはまるで、女などモノだと言わんばかりの乱暴な愛撫だった。
「んぅっ…ん、はぁ……そ、そう、よ…っ…」
(お、教えてあげるんだから……こいつに、本当の…愛を…っ)
呪文のように心で呟きながら、織枝はその身を預けていった。
それが……自分を手に入れる為の圭介の巧妙な罠であるとも知らずに−。
 

●そして始まる日々 〜麗美〜
(この女のせいで、ご主人様は……)
学園の女教師『和泉麗美』は、心の中でそう呟いた。
先の“夕暮れの教室“の一件から二週間ほどたったある日。
彼女の『ご主人様』である『清水圭介』が、この頃自分の事を少しも構ってくれない。以前は尻穴まで犯し抜いてくれたというのに……。
これも全てあの女……結城織枝のせい。あのオンナはお節介ぶって清水君…いいえ、私のご主人様に近づき、まんまとその肉奴隷に収まってしまった。お陰で私の尻穴は、ご主人様のチンポを貰えないまま……。
(思い知らせてやるわ…)
嫉妬に狂った麗美は、織枝に復讐すべく行動を開始する。
「ちょっと、理科準備室まで来てもらえないかしら?」
「?…あ、はい」
いぶかしがりながらも、織枝は麗美に付いてくる。これから何が起こるかも知らないまま……。

一方その頃。
「女なんて、結局みんな同じじゃねえか。あの結城だってよ……」
麗美をメス犬調教した当の本人、圭介はようやく登校してきたところだった。
「さて、今日もアイツにハメて…いや、愛とやらでもご高説いただくとするか…くくっ」
彼もまた、織枝を探して授業中の校内をぶらぶらと歩き始めたところだった。

メガロマンス © COREMAGAZINE / メガロマンス