コアマガジン

メインメニュー

ホーム | 成人向けを含むホーム | 携帯サイト
書店様へ(注文書) | 会社案内 | 採用情報 | お問合せ | 特商法に基づく表示 | 個人情報保護方針

新刊のご案内

雑誌 | 書籍・増刊・ムック | 発売予定

【税率表示について】新税率対応のため、サイト内の価格表示を順次「本体価格+税」に変更しております。※改訂前後は一部「旧税率の税込表示」が混在する可能性がありますが、実際は「本体価格+税」での販売となりますのでご注意ください。

コアマガジン

新刊のご案内

専門ジャンル

ご案内

関連リンク

【税率表示について】新税率対応のため、サイト内の価格表示を順次「本体価格+税」に変更しております。※改訂前後は一部「旧税率の税込表示」が混在する可能性がありますが、実際は「本体価格+税」での販売となりますのでご注意ください。

コア新書 028

名探偵コナンと平成

著/さやわか

定価:本体1250円+税 発売日:2019年4月3日

「名探偵コナンと平成」表紙

サンプル(クリックで拡大)

「名探偵コナンと平成」サンプル

すべての日本人はコナンである!
平成最後の年に興収90億円を記録したコナンが描く、平成の日本人の姿とは。

「なりたいんだ!! 平成のシャーロック・ホームズにな!!」と、主人公の工藤新一が第1話で宣言し『名探偵コナン』が始まったのは1994年。連載25年を迎える今年、新一はいまだ平成のホームズになれないまま、ついに平成が終わります。この本は『名探偵コナン』についての本であり、同時に「平成」という時代についての本でもあります。平成の最初期から連載が始まり、平成最後の年に「安室透ブーム」で知られる『ゼロの執行人』が興行収入90億円という映画史に残る大ヒットを記録した『コナン』を読み解くことによって、平成のわたしたちの姿を見出すことが出来ると考えるからです。『名探偵コナン』をヒントに平成という時代の真実を推理してみませんか。


<本文より>
第1話で新一は「平成のシャーロック・ホームズになりたい」と言いました。その言葉によって『コナン』という作品は、現実の時間と並行して進む物語であることを半ば宣言しています。実際、『コナン』の作中には、その時々の平成の風俗や文化が、実に豊富に登場するのです。しかしそれなのに、そこで生きる主人公はいっこうに成長できない。『コナン』の設定と、「失われた30年」とも呼ばれる「成長したくても、できない」平成という時代は、重なって見えるのです。

目次

  • 序 章 『コナン』という事件
  • 第一章 青山剛昌に見る、昭和
  • 第二章 阿笠博士に見る、平成の社会
  • 第三章 大怪獣ゴメラに見る、平成の映画
  • 第四章 犯沢さんに見る、平成の憎しみ
  • 第五章 毛利蘭に見る、平成の性<ジェンダー>
  • 第六章 江戸川コナンに見る、平成の30年間
  • 終 章 『コナン』はどうやって終わるのか?

著者/さやわか

『Quick Japan』(太田出版)、『ユリイカ』(青土社)などで執筆。「LINEマンガ」(LINE Digital Frontier)に連載の『キューティーミューティー』(ふみふみこ、2017~)の原作を担当。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)がある。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)など多数。

コア新書マーク

電子書籍版の主な販売サイト

ただいま準備中です