コアマガジン

メインメニュー

ホーム | 成人向けを含むホーム | 携帯サイト
書店様へ(注文書) | 会社案内 | 採用情報 | お問合せ | 特商法に基づく表示 | 個人情報保護方針

新刊のご案内

雑誌 | 書籍・増刊・ムック | 発売予定

【税率表示について】新税率対応のため、サイト内の価格表示を順次「本体価格+税」に変更しております。※改訂前後は一部「旧税率の税込表示」が混在する可能性がありますが、実際は「本体価格+税」での販売となりますのでご注意ください。

コアマガジン

新刊のご案内

専門ジャンル

ご案内

関連リンク

【税率表示について】新税率対応のため、サイト内の価格表示を順次「本体価格+税」に変更しております。※改訂前後は一部「旧税率の税込表示」が混在する可能性がありますが、実際は「本体価格+税」での販売となりますのでご注意ください。

「ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか」表紙

サンプル(クリックで拡大)

「ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか」目次

「ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか」サンプル

コア新書 018

ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか

著/古谷経衡

定価:本体787円+税 発売日:2016年4月2日

ネコブームには単に「カワイイ」だけではない意味がある。

ヒトラー、蒋介石、ナポレオン、ヴィクトリア女王、プーチン…なぜ世界中の独裁者は猫が嫌いで犬が好きなのか!?
「ネコブームには単に“カワイイ"だけではない意味がある」
注目の若手論客が、空前の「猫熱」から日本社会を読み解く!

猫がなぜカワイイのか。理由など無い。猫のかわいさは絶対だからだ。猫がカワイイことに理屈を求めてはいけない。

しかし、猫を溺愛する社会には意味があることを筆者は発見した。と同時に、犬を溺愛する社会には、猫を愛する社会と対極の意味を持つことも筆者は発見する。

ヒトラーは犬を溺愛したが猫を無視した。ナチスはドイツ人に犬や狼のあり方を理想として強制した。これは単なる偶然ではない。猫と犬、この二つの似て非なる生き物を巡る人々の嗜好は、そのまま社会の特徴を現すシンボルなのである。

「犬VS猫」という全く新しいパースペクティブによって、世界史、日本史を読み直す!

目次

  • はじめに:「ヒトラーの犬」VS「チャーチルの猫」
  • 第一章:猫を愛するすべての自由人へ
  • 第二章:ヒトラーとナチスと犬
  • 第三章:大成長と合理主義、江戸の「猫性の社会」
  • 第四章:戦時体制から戦後日本の「犬性の社会」
  • おわりに:「犬性」から「猫性」へ 変動する日本人

ご購入はこちら

Amazonで購入するオムニ7で購入する楽天ブックスで購入するヨドバシ.comで購入する